今月の一言 2018年8月

 毎年、梅雨が明けて猛暑が続くと、夏のベリーの実が熟してきます。今年は梅雨の期間が短く、十分に水分が行き届いていなかったのか、実の熟すスピードがやや遅れていました。早朝や夕方には少し多めに水やりをして、実が食べ頃になるのを待ちます。先ずはブラックベリーが黄緑色から赤色に変わり、真っ黒な色になって収穫時になります。ブラックベリーは、少し酸っぱいので、私はジャムにしないと食べませんが、ブラックベリー好きの方は生でそのまま口にします。7月の終わりまでが収穫期となりますが、二、三日収穫をサボると、次の日が大変なことになってしまいます。  7月の後半から8月中旬にかけては、ブルーベリーが青い実をつけてきます。一昨年、新しい苗木に実った大粒の実が、一晩で賊(と言っても鳥ですが)に一粒残らずやられた苦い経験から、網で囲んでガードしたので、今年は無事収穫することができました。もう一つ、今の家に引っ越してから植えた20年物のブラックベリーの木が問題です。高さ3m以上あるので、網をかけるのも一苦労です。しかも、石垣の上に植えてある ので網がかけにくいのです。苦労してやっと網を張った翌朝、どこから入ったのか、二羽の見かけない小鳥が網の中に入って、熟す前の実をついばんでいました。生活が懸かっているわけではないので、多少盗られても気は楽ですが、少し慌てました。よく見ると、網と地面の間に隙間がある箇所があり、そこから侵入して逆に出られなくなっていました。網を外して小鳥を出してから、その場所を補修しました。  畑もそうですが、自然の中でやっていることなので、鳥や昆虫類の妨害は致し方ありません。彼らも決して悪気を持ってやっているのではなく、ただ普通に生きているだけなのです。これからも彼らと知恵比べをしながらやっていくしかありません。

最新記事