今月の一言 2021年8月

 今年は梅雨が明けると、連日猛暑日が続きました。たっぷりと水分を摂った夏のベリーの実が熟してきました。暑い日の早朝や夕方には少し多めに水やりをして、実が食べ頃になるのを待ちます。先ずはブラックベリーが黄緑色から赤色に変わり、真っ黒な色になって収穫できるようになります。ブラックベリーは、少し酸っぱいので、私はジャムにしないと食べませんが、ブラックベリー好きの方は生でそのまま召し上がるそうです。8月初旬までが収穫期となりますが、三、四日サボると、実が熟しすぎて次の日が大変なことになってしまいます。

 7月の後半から8月の中旬にかけては、ブルーベリーが青い実をつけてきます。以前、新しい苗木に実った大粒の実が、一晩で賊(と言っても鳥ですが)に一粒残らずやられた苦い経験から、今年も防鳥網で囲んでガードしたので無事収穫できるようになりました。その木は、今の家に引っ越してから植えた20年物のブルーベリーで高さが3m位あるので、網をかけるのも一苦労です。植えた当時はまさかこんなに大きくなるとは思っていなかったので、石垣の隅に植えたのがあだとなり、特にそこだけ網がかけにくいのです。苦労してやっと網を張っても雀の幼鳥が網の目から入り込み、早速熟した実だけ選んでついばんでいました。生活が懸かっているわけではないので多少とられても気は楽ですが、寛大な気持ちでただ見ているわけにもいきません。

 畑でもそうですが、自然の中でやっていることなので、鳥や昆虫類の妨害は致し方ありません。彼らも決して悪気をもってやっているのではなく、ただ普通に生きているだけなのです。これから彼らと知恵比べをしながらやっていくしかありません。

 収穫したベリー類は、自宅ではとても食べきれないので、知り合いや生徒たちに配っています。興味のある方は、8月中旬ころまでにぜひベリー狩りにお越し下さい。

最新記事