今月の一言 2021年12月

 日の出山に登ってきました。武蔵五日市駅から深沢地区まで歩き、そこから登山マップにはないルートで山に入りました。わざわざこの道を選んだのは、不覚にも電車を乗り間違えてしまったからです。最初は青梅線の御岳駅を降りて、御岳山経由で大岳山に登るつもりでした秋川駅から五日市線に乗り、拝島で青梅線に乗るところを、ちょうど来た電車に飛び乗り読んでいた本の続きに夢中になっていたら、気がついた時には武蔵五日市行きに乗っていました。途中で戻れば山に入るのが遅くなってしまうので、やむなく終点で降りたのです。

 時間的に大岳山に登るのはあきらめ、急遽日の出山に変更しました。この山は今まで何度も登っていて、大晦日に初日の出を見に生徒を連れて行ったり、登山案内書でも初級者のランク付けがされている山ですが、その日の私にとっては長い道のりでした。普段鍛えていない体が悲鳴を上げ、やっと山頂に着いたのが入山してから3時間以上たってのことでした。

 冬が近づき空気が澄んでくると、山々が美しく輪郭がはっきりしてきます。山を見るたびに山が自分に手招きするような気がしてなりません。そんな山の誘いがこのところ毎朝続いていました。しかし、その誘いを受けて実際に行ってみるとこのざまです。気力と体力とがうまく結びついていない現実が目の前に立ちはだかっています。老化は足からくると言われますから、これを機会に少し体を鍛えないと、今後好きなことができなくなってしまうかもしれません。

最新記事