今月の一言 最終回

 今月の一言がとうとう最後になってしまいました。80年代後半から塾の通信に載せた「塾長あいさつ」に始まり、90年代前半に今の「今月の一言」に名前を変えて、自由きままな内容を書かせていただきました。

 毎月、月末までに生徒に塾の通信を渡さなければなりませんので、文章を書くのが不得意な私には、「今月の一言」を書くことが頭痛の種でした。たまに珍しく20日位前に書き終えることがあるとほっとしますが、また来月のことを考えると憂鬱になることの繰り返しでした。常に締切がプレッシャーになり、これだけのことでも心がやすまることはありません。

 結局、旅行などに出かけた先で見聞きしたことや自分の趣味の話、自宅の周りの様子などほとんど塾とは関係のない内容を書かせていただきました。毎年必ずといっていいほど、沖縄などの旅行の話、山登り、釣り、街歩き、自宅の庭の植物の話題が紙面に出てきます。そんなたわいのない内容でも毎回楽しみにしていただいている方もいらっしゃり、書く張り合いも出てきます。保護者会などで「今月の一言」のことが話題に出てくると、とても嬉しくなり読んで下さった方に心から感謝いたします。

 2018年からホームページに「今月の一言」が載せられるようになり、ますます肩の荷が重くなりました。インターネット上では、当然一般の方もご覧になりますから、何度も見直しをして出さなければなりません。しかし、3月からはようやくそこから解放されますので、正直ほっとしています。

 当校は2022年3月31日をもちまして閉校し、私も44年間の塾人生に幕を下ろします。人生の3分の2以上を塾と共に歩んでまいりました。少し寂しい思いはありますが、充実した気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

最新記事